先端バイオメディシン解析技術室

医学研究科では、最先端の解析機器を備えたシングルセル解析ユニットとして、先端バイオメディシン解析技術室(以下「解析技術室」)を、医学研究支援センターの新しい分室として令和3年4月よりメディカルイノベーションセンター(MIC)棟内に立ち上げました。

解析技術室は医学部附属病院各診療科や医学研究科と共同し、創薬など幅広い分野で積極的に産学連携を行うための創薬プラットフォームを提供できるよう整備しました。本解析技術室をベースとし、附属病院や医学研究科とタイアップすることで臨床サンプル由来のターゲット細胞を用いた探索研究が、学内の他部局や企業の研究者にも共同研究ベースで実施可能であり、創薬標的の同定やバイオマーカー探索に大きな力を発揮することが期待されます。これにより医学部附属病院や医学研究科のみならず、部局横断的な異分野連携による新しい研究領域の発展や、大学外組織との産学・学学連携の飛躍的な展開が期待できます。

先端バイオメディシン解析技術室には、Single Cell Seqユニット、Imaging ユニット、FACS/CyTOF ユニットの3つのユニットを設置し、それぞれのユニットで各機器の管理・運用を行います。機器のご利用を希望される方は、KUMaCoから予約をお願いいたします。運用についての情報は、適宜こちらにアップデートいたしますのでよろしくお願いします。

共用機器

Single Cell Seqユニット
Chromium Controller シングルセルライブラリ―調整 10xGenomics
QuantStudio6 リアルタイムPCR サーモフィッシャー
Fluent 780 オートメーション分注装置 テカンジャパン
Agilent2100 バイオアナライザ Agilent
Imaging ユニット
FLUOVIEW FV3000 共焦点レーザ走査型顕微鏡 オリンパス
NanoZoomer S60 バーチャルスライドスキャナ 浜松ホトニクス
<装置利用料金>
FACS/CyTOF ユニット
FACSAria Fusion セルソーター BD
Fusionの利用可能なレーザー・フィルターはこちらをご覧ください。
Helios, a CyTOF System FRUIDIGM
Hyperion Imaging System FRUIDIGM
<装置利用料金>

 

利用方法

FLUOVIEW FV3000:初めて使用される場合は、まずはメーカーによる講習会を受講ください(講習受講の流れ)。

NanoZoomer S60:初めて使用される場合は、当室で定めた簡易講習(自主学習)を受講ください(簡易講習のご案内)。

FACSAria Fusion:初めて使用される場合は、まずはメーカーによる全日程2日間の講習を受講ください(講習受講の流れ)。なお、BD主催のFACSAriaII/IIIの講習会を受講済みの方は、当室で定めた簡易講習(主に自主学習)の受講により機器をご使用いただけます。

Helios, a CyTOF System及びHyperion Imaging System:初めて使用される場合は、まずはメーカーによる講習を受講ください(講習受講の流れ)。

※Single Cell Seqユニットが管理する機器の利用方法に関しては、こちらをご覧ください。

※当室の共用機器を使用される際には、臨時入館証の借り受けが必要です。Imagingユニット及びFACS/CyTOFユニットが管理する機器を利用される方は、機器利用前に「臨時入館証の貸し出しについて」をご確認ください。

※長時間利用が見込まれる機器については、開室時間外(平日17時30分から翌日9時30分、休日)も機器をご利用いただけます。時間外利用については、各機器の利用規則をご参照ください。また、時間外使用を希望される場合は「夜間・祝休日使用における誓約書」WordPDF)を当室にご提出ください。

※未固定のヒト臨床サンプルまたは感染性サンプル(感染の可能性のあるサンプルを含む)を使用する場合は、事前にご相談ください。

機器運用予定

〇 Helios・Hyperion運用予定

【Hyperion/Heliosの機器予約について】
Hyperion/Heliosを利用希望される方は利用日程について、予め解析技術室までお問い合わせください。

※アルゴンの残量が少ない場合や、運用状況により機器の切替が出来かねるなど、すぐにはご利用いただけない可能性がございます。
なるべく利用希望日の1~2週間前までに、解析技術室までお問い合わせください。

利用料金

医学研究支援センターの内規・利用負担金価格の共用研究機器内規(2022年4月1日改訂)別表をご確認ください。

利用規則

※Single Cell Seqユニットが管理する機器の利用方法に関しては、こちらをご覧ください。

「先端バイオメディシン解析技術室 利用マニュアル」:Imagingユニット、FACS/CyTOFユニットの機器を使用される方は、事前にご一読ください。

「BSL2実験室利用規則」:BSL2実験室に設置している機器(Fusion、Helios・Hyperion)、ヒト臨床サンプルまたは感染性サンプル(感染の可能性のあるサンプルを含む)を使用される方は、事前にご一読ください。

機器利用規則:利用前にご一読ください。

「FV3000 機器利用規則」

「NanoZoomerS60 機器利用規則」

「FACSAria Fusion 機器利用規則」

「Helios・Hyperion 機器利用規則」

アクセス

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町53 メディカルイノベーションセンター 2階および5階

連絡先

先端バイオメディシン解析技術室

E-mail: mic_biomedicine(at)support-center.med.kyoto-u.ac.jp
(※メールを送る際は (at) を @ に変更して下さい。)

開室時間:平日9時30分から17時30分まで(但し12時から13時は休憩時間)

 

※Single Cell Seqユニットに関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

先端バイオメディシン解析技術室 Single Cell Seqユニット

E-mail: single-cell-seq(at)support-center.med.kyoto-u.ac.jp
(※メールを送る際は (at) を @ に変更して下さい。)