マウス行動解析室

2020年9月9日 更新

支援概要

▼マウス行動解析室では行動解析装置を用いた網羅的行動実験を行うことができます.

▼活動性,学習・記憶,不安・うつ,注意機能,運動機能など,マウスの様々な脳精神機能を測定することを研究支援のを目的としています.

▼遺伝子改変マウスばかりでなく,薬効検定,毒性試験,遺伝子改変以外のモデルマウスの解析を実施しています.

▼一部実験については,ラットの解析も受託しています.

利用方法

▼吉田キャンパス・薬学部構内・医薬系総合研究棟で解析を行っています.

▼2020年9月に医学部H棟から上記に移転しました.

▼移転後の解析は,2020年10月初旬の開始を予定しています.

▼マウス行動解析室利用ガイドに概要がまとめられています.

▼実際のご利用の際には,マウス行動解析室にて打ち合わせの上、マウス行動解析依頼書(マウス行動解析依頼書)に必要事項をご記入下さい.

→医学研究科・医学部在席者は①,②,③を記入の上,ご提出下さい.

→上記以外の方は①,②のみ記入の上,ご提出下さい

▼実験実施のために実験者を派遣いただきますと,他の実験スケジュールとは別に,実験実施時期を早めることも可能です.

▼マウスの搬入時期,実験開始時期,実験項目等について個別相談の上決定致します.

今後のスケジュール

新規受託は2021年2月以降になります.

連絡先

マウス行動解析室共通E-mailアドレス(*→@)

mouse_behavior*support-center.med.kyoto-u.ac.jp