運営組織

医学研究支援センター(通称サポートセンター)は、これまで京都大学医学研究科の各講座で個別に管理してきた大型研究設備を、組織的に集中管理することに よって効率的活用を図るとともに、個々の研究者や大学院生に高度な技術支援を行うため、平成23年11月に設立されました。医学研究支援センター運営委員会の管理下で、遺伝情報解析室(旧称:DNAシークエンス解析室)、ドラッグディスカバリーセンター(旧称:創薬拠点コアラボ)、質量分析室、蛍光生体イメージング室、マウス行動解析室、小動物MRI室、合成展開支援室の7つの共同利用施設を運営しています。
現在DNAシークエンスや質量分析などの受託解析の他、最新研究機器の利用講習会などを開催し共同利用を推進しています。

医学研究支援センター 運営委員会 名簿

萩原正敏(形態形成機構学 教授)
松田道行(病態生物医学 教授)
浅野雅秀(実験動物学 教授)
山田重人(人間健康科学科 教授)

各室担当紹介

1_創 ドラッグディスカバリーセンター 室長:萩原正敏
担当:奥野友紀子
2_基 遺伝情報解析室 室長:萩原正敏
担当:飯田慶
3_質 質量分析室 室長:萩原正敏
担当:伊藤慎二
4_視 蛍光生体
イメージング室
室長:松田道行
担当:平島剛志
5_動 マウス行動解析室 室長:浅野雅秀
担当:吉原亨
MRI2thumbnail 小動物MRI室 室長:松田哲也
担当:今井宏彦
合成展開支援室 室長:萩原正敏
担当:田中信生

医学研究支援センター案内パンフレット(第3版)

こちらからダウンロードできますicon_pdf