eyecatch160305

医学研究支援センター長のご挨拶

医学・生命科学分野の先端的研究を推進し、国際的な成長力・競争力を確保し発展させていくためには、日々高精度化・高速度化していく先端的研究機器をいち早く導入することが必要です。しかしながら、限られた予算で高価な機器を個々の研究者が購うことは困難ですし、多様化・複雑化した研究機器を適切に管理し使いこなすことも難しい状況です。それゆえ、京都大学医学研究科では、高度な研究技術支援を容易に受けられる環境を組織的に整え、医学研究支援センターを平成23年11月に発足させました。本センターは、DNAシークエンス解析室、創薬拠点コアラボ、質量分析室、蛍光生体イメージング室、マウス行動解析室の5室から構成され(平成28年7月1日から小動物MRI室が追加され6室で構成)、センターの事務室は総合解剖センター4階にあります。幸いなことに、今までに様々な方々のご支援を受けて共通利用機器を整備し、受託解析などの研究支援業務を充実させることができました。それに伴い、医学研究科や大学の枠を超えて利用者の輪が広がり、平成26年度は500名を超える方々が本センターを利用されるに至りました。また、若手研究者や大学院生が必要な研究技術を効率的に修得できるように、機器利用講習会や大学院生の実習講義も実施しています。皆様の研究の推進に貢献出来るよう、本センターの教職員一同は、これからも努力して参ります。

医学研究支援センター長 萩原 正敏